新しいものづくりがわかるメディア

RSS


核融合ベンチャー企業、プラズマ温度1億度のマイルストーンに近づく

核融合炉開発を進めるイギリスのベンチャー企業「Tokamak Energy」は2021年3月29日、球状トカマク装置「ST40」のファーストプラズマの写真を公開し、今後数カ月での1億度の核融合温度の達成に向けて順調に進んでいる、と表明した。民間企業がこのマイルストーンを達成するのは初めてのことだという。

核融合エネルギーは、脱炭素化において重要な役割を果たすものだ。イギリス政府が2020年11月18日に発表した気候変動対策に係る新政策「Ten Point Plan」にも、2040年までに同国で世界初の商業的に運用可能な核融合発電所を建設することを目的としたSTEP(Spherical Tokamak for Energy Production)プログラムに2億2200万ポンドを投じる、と述べられている。

Tokamak EnergyのCEO、Jonathan Carling氏は、「ファーストプラズマは、商用核融合エネルギーへの道のりの重要なマイルストーンだ。当社のST40デバイスには、昨年アップグレードされた電源装置とプラズマ加熱システムが装備されている。今後数カ月で、このデバイスは、他の民間核融合ベンチャーが達成するものを遙かに超える1億度のプラズマ温度と、商用核融合エネルギーに必要な温度を達成するだろう」と述べている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る