新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico用 Robotics Board」「Raspberry Pi Pico用モータードライバ基板」を発売

Robotics Board(左)とモータードライバ基板(右)

スイッチサイエンスは「Raspberry Pi Pico用 Robotics Board」と「Raspberry Pi Pico用モータードライバ基板」の販売を2021年7月8日に開始した。

Raspberry Pi Pico用 Robotics Boardは、Raspberry Pi Pico用のモーター制御ボードだ。デュアルHブリッジモータードライバー×2を搭載し、それぞれが、2つのDCモーター、または1つのステッピングモーターを制御できる。

Raspberry pi PicoとはI2C経由で接続するため、27個のI/Oピンを他の用途に使用できる点もメリットだ。電源はターミナルブロックやサーボコネクターから供給でき、スイッチのオン/オフで制御する。レギュレーターを介してPicoに電源(3.3V)を供給するが、拡張用ヘッダーには3.3V、GNDピンがあるので、外部デバイスにも電源を供給できる。価格は1936円(税込)だ。

Raspberry Pi Pico用モータードライバ基板は、最大2台までのDCモーターを動作できるRaspberry Pi Pico用のモータードライバ基板だ。

ブレイクアウト基板にはDRV8833を採用。前進/後進/停止制御などで2つのモーターを同時に駆動でき、GPIOポートも用意されているため、バギー製作などに適している。PicoからGPIO×4と3.3V端子、GNDが引き出されており、このボードとPico単体でバギーを制御可能だ。本体に電源スイッチが搭載されており、使用しないときはオフにすることで電力を節約できる。価格は1320円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る