新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico用 Robotics Board」「Raspberry Pi Pico用モータードライバ基板」を発売

Robotics Board(左)とモータードライバ基板(右)

スイッチサイエンスは「Raspberry Pi Pico用 Robotics Board」と「Raspberry Pi Pico用モータードライバ基板」の販売を2021年7月8日に開始した。

Raspberry Pi Pico用 Robotics Boardは、Raspberry Pi Pico用のモーター制御ボードだ。デュアルHブリッジモータードライバー×2を搭載し、それぞれが、2つのDCモーター、または1つのステッピングモーターを制御できる。

Raspberry pi PicoとはI2C経由で接続するため、27個のI/Oピンを他の用途に使用できる点もメリットだ。電源はターミナルブロックやサーボコネクターから供給でき、スイッチのオン/オフで制御する。レギュレーターを介してPicoに電源(3.3V)を供給するが、拡張用ヘッダーには3.3V、GNDピンがあるので、外部デバイスにも電源を供給できる。価格は1936円(税込)だ。

Raspberry Pi Pico用モータードライバ基板は、最大2台までのDCモーターを動作できるRaspberry Pi Pico用のモータードライバ基板だ。

ブレイクアウト基板にはDRV8833を採用。前進/後進/停止制御などで2つのモーターを同時に駆動でき、GPIOポートも用意されているため、バギー製作などに適している。PicoからGPIO×4と3.3V端子、GNDが引き出されており、このボードとPico単体でバギーを制御可能だ。本体に電源スイッチが搭載されており、使用しないときはオフにすることで電力を節約できる。価格は1320円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る