新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SB C&Sが「micro:bit はじめてセット v2対応版」「micro:bit アドバンスセット v2対応版」を販売開始

SB C&Sは「micro:bit はじめてセット v2対応版」と「micro:bit アドバンスセット v2対応版」を2021年7月16日から、SoftBank SELECTION オンラインショップ、Amazon、全国の大手家電量販店(一部店舗を除く)で発売する。

同セットは、micro:bitの最新モデル「micro:bit v2」本体に、学習用の専用教材や、機能を拡張できるアイテムをセットにしたものだ。

micro:bit はじめてセットには、本体ケースやmicroUSBケーブルなどmicro:bit V2を一通り使える製品を同梱。また、micro:bit アドバンスセットには、超音波/温湿度センサーやワニ口クリップ、拡張コネクターなどの拡張アイテムを同梱している。

教材はレッスン1からレッスン8までの8段階構成で、micro:bit はじめてセットはmicro:bitの機能を活用して学習するレッスン6までに対応。micro:bit アドバンスセットは付属のアイテムで機能を拡張し、さらに学習領域を広げるレッスン8までの全ての内容に対応している。

各セットにはUSBケーブルや電池ボックスなど必要なパーツが同梱されているため、購入後すぐに使用できる点がポイントだ。また、相模女子大学小学部の川原田康文校長と共同制作したスタートガイドがセットになっており、ガイドブックを通じて自宅や学校でプログラミングを学習できる。

発売に先立ち、SoftBank SELECTION オンラインショップでは2021年7月9日から予約の受け付けを開始した。価格はオープン価格で、SoftBank SELECTION オンラインショップでの販売価格は、micro:bit はじめてセットが4980円、micro:bit アドバンスセットが6980円だ(価格は全て税込)。

 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る