新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エス.ラボ、 超大型ペレット式3Dプリンター「茶室」で高さ2.8mの造形に成功

エス.ラボは、造形サイズ3×3×3mの超大型ペレット式3Dプリンター 、開発名「茶室」を完成させ、慶應義塾大学SFC研究所ソーシャル・ファブリケーション・ラボ、デジタルファブリケーションスタジオ積彩との共同製作によって、2.8×1.2×1.1mの大型プラスチック製ベンチの造形に成功した。

photo

今回の共同製作において、SFC研究所は材料検証と造形試作を、積彩はベンチの3Dモデル設計と配色設計を担当した。縦向きに印刷されたベンチは造形後に向きを変えて利用され、大人4人程度が問題なく座れる強度を持つ。3Dプリント時に意図的に配色をコントロールする事で、まだらな色模様を作り出している。

photo

茶室によって24時間で造形されたベンチは、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス内に仮設置され、試験的な利用も行われた。

photo

プラスチック樹脂を用いた材料押出方式の3Dプリンターにおいて、最大造形サイズが2立方メートルを超える機種は世界でも数少なく、今回の装置開発、造形は世界最大級の事例となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る