新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piと組み合わせて3Dセンシングシステムが開発できるキット、マジックアイが販売

ILT001の本体

マジックアイは2021年7月15日、3Dセンシングシステム開発キットのエントリーモデル「ILT開発キット」を世界同時発売した。

同製品は最高約120fpsの高速な3Dセンシングが可能で、動きの早い測定対象の3Dセンシングが高精度かつ低遅延で実装できる。

寸法は44×24×16mmで重量は16gで、各種Raspberry Pi(Raspberry Pi Zero W/3B/3B+/4)との組み合わせにより3Dセンシングシステムの開発が可能となる。移動体に採用しやすく、取り付け場所も限定されづらいという。

また、C++やPythonなどの開発言語に加え、OpenCV、PCL、Open3D、ROS、Unityなどのミドルウェアもサポートしているのも特徴だ。環境に対応したAPIも提供されるため、目的に応じた3Dセンシングシステムを構築できる。

プロジェクター発光到達距離は1500mm。推奨測距距離は150~800mm、高精度測距距離は150~500mmで、測距有効視野角は約55度×約43度。希望小売価格は100ドル(約10900円)で、スイッチサイエンスより発売予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る