新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イタリアの新型EVハイパーカー「fulminea」——出力2000馬力オーバー

イタリアのEVハイパーカー専門メーカーAutomobili Estremaは、新しいバッテリー技術を使ったEVハイパーカーを発表した。

イタリア語で稲妻を意味する「fulminea」と名付けられたEVハイパーカーは、4基のモーターを搭載し、最高出力1.5メガワット(2040馬力)、時速320kmまでわずか10秒未満で到達する四輪駆動EVだ。容量100 kWhの電池パックを搭載し、航続距離はWLTP基準で520kmだ。

fulmineaの性能を支えるのが、固体リチウムイオン電池と、ウルトラキャパシタ(電気二重層コンデンサ)を組み合わせたハイブリッドバッテリーシステムだ。それぞれの電池セルは炭素複合材料のケースに納められ、ウルトラキャパシタは前車軸上に、固体リチウムイオン電池パックはキャビンと後車軸の間に配置されている。固体リチウムイオン電池パックは、ベルギーのAvesta Battery Energy Engineering(ABEE)が提供する固体リチウムイオン電池セルを、トルコのIMECAR Elektronikの「Cell-to-Pack」テクノロジーで高性能ハイブリッド電池パックに仕上げたものだ。これまでにない450Wh/kg(1200Wh/l)の高いエネルギー密度を達成している。電池の重量は300 kg未満、fulmineaの車両重量は1500kgと見積もられている。

fulmineaの初期生産は61台限定、最初の顧客への納入は2023年後半が予定されている。fulmineaは、固体電池とウルトラキャパシタを搭載した最初のロードゴーイングカーになるという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る