新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イタリアの新型EVハイパーカー「fulminea」——出力2000馬力オーバー

イタリアのEVハイパーカー専門メーカーAutomobili Estremaは、新しいバッテリー技術を使ったEVハイパーカーを発表した。

イタリア語で稲妻を意味する「fulminea」と名付けられたEVハイパーカーは、4基のモーターを搭載し、最高出力1.5メガワット(2040馬力)、時速320kmまでわずか10秒未満で到達する四輪駆動EVだ。容量100 kWhの電池パックを搭載し、航続距離はWLTP基準で520kmだ。

fulmineaの性能を支えるのが、固体リチウムイオン電池と、ウルトラキャパシタ(電気二重層コンデンサ)を組み合わせたハイブリッドバッテリーシステムだ。それぞれの電池セルは炭素複合材料のケースに納められ、ウルトラキャパシタは前車軸上に、固体リチウムイオン電池パックはキャビンと後車軸の間に配置されている。固体リチウムイオン電池パックは、ベルギーのAvesta Battery Energy Engineering(ABEE)が提供する固体リチウムイオン電池セルを、トルコのIMECAR Elektronikの「Cell-to-Pack」テクノロジーで高性能ハイブリッド電池パックに仕上げたものだ。これまでにない450Wh/kg(1200Wh/l)の高いエネルギー密度を達成している。電池の重量は300 kg未満、fulmineaの車両重量は1500kgと見積もられている。

fulmineaの初期生産は61台限定、最初の顧客への納入は2023年後半が予定されている。fulmineaは、固体電池とウルトラキャパシタを搭載した最初のロードゴーイングカーになるという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る