新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMM.com、売上の一部を医療機関に寄付する「クリエイター参加型医療機関応援プロジェクト」開始

DMM.comは3Dプリント事業において、「クリエイター参加型医療機関応援プロジェクト」を2021年7月20日から開始する。

photo

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、様々な理由でマスク着用をできなかったり、持病などで咳の発作が起きると、周囲から差別や偏見の目で見られるという問題が出ている。これらの差別を緩和する啓蒙や医療従事者を応援することを目的に、同社では全国のクリエイターから3Dデザインを募集して、販売した売上の一部を医療機関に寄付するプロジェクトを開始することにした。

photo

募集するのは、キーホルダーまたはバッジのデザイン。デザインの内容は、医療従事者応援マーク(医療従事者を応援する要素が組み込まれたデザイン)、やむを得ない事情でマスクを着用できない方のマーク(感覚過敏、呼吸困難など、マスクを着用できない旨を表現しているデザイン)、持病等で咳き込んだり息苦しくなったりする方のマーク(喘息やアレルギーなどの持病を患っていることなどを表現しているデザイン)の3種類。応募期限は2021年8月23日となっている。

作品は3Dアイテム通販サイト「クリエイターズマーケット」内のDMM.make 3Dプリント公式ストアにて、一律2970円(税込)で販売する。売上の一部を医療機関に寄付し(寄付先は後日公表予定)、応募者には各応募者の売上から10%を還元する。

素材は、ナイロン素材の3Dプリントをする際に発生する廃材をリサイクルして使用する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る