新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ケイエスワイ、Raspberry PI CM3+搭載のエッジAIカメラキット「BH3-AI-VISION」の販売開始

ケイエスワイは、JVCケンウッドが開発したエッジAIカメラキット「BH3-AI-VISION」の取り扱いを開始した。

photo

BH3-AI-VISIONは、エッジAIカメラを開発、製作するためのハードウェアキット。エッジAIカメラは、カメラ画像をサーバーやクラウド側でAI処理するのではなく、カメラ(エッジ)側でAI処理を実行し、結果のみをサーバーやクラウド側へ送信するのが特徴だ。処理スピードの向上や情報漏洩リスクの低減、通信コストの削減などが期待できる。

photo

メインボードには、Raspberry PI CM3+(CPU:1.2GHz、RAM:1GB)、16GB eMMCストレージなどを搭載し、インタフェースは、MIPI、Ethernet(PoE+対応)、USB×3、LANポート、HDMI、GPIO(Raspberry PI互換48ピン出力)に対応する。カメラのイメージセンサーにはSONY製「IMX477R」(1290万画素、裏面照射CMOS)を採用し、広角レンズのCSマウント、望遠レンズのCマウントをオプションで用意している。本体は116×85×36mmとパスポートとほぼ同じ大きさで、重量は280gだ。

photo

目的に合わせたアプリケーションを自由に入れ替えできるため汎用性が高く、JVCケンウッドではパートナーとの協業によりさまざまなニーズに応えるソフトウェアの提案が可能だとしている。例えば、電話をかけながらATMを操作している人を検知し、振り込め詐欺の被害を防止したり、機械のメーターを自動で読み取り、数値化する環境の構築をしたりするソリューションの導入事例がある。

BH3-AI-VISIONの価格(ソフトウェアは未付属)で、12万1000円(税込)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る