新しいものづくりがわかるメディア

RSS


髪の毛から作ったカーボンナノドットで、ペロブスカイト太陽電池の性能向上させる

ペロブスカイト太陽電池は、シリコン系の太陽電池と比較して製造が容易で低コストであり、柔軟性があるために活用の幅が広いことから、次世代の太陽電池として注目が集まる。市販の単結晶シリコン太陽電池と同等の電力変換効率を達成しているものの、まだ安定性における課題がある。

こうした中、クイーンズランド工科大学(QUT)材料科学センターのHongxia Wang教授およびPrashant Sonar准教授は、ヒトの髪の毛から生成したカーボンナノドットを使って、ペロブスカイト太陽電池の性能向上が図れることを示した。同研究内容は、材料工学の学会誌Journal of Materials Chemistry Aに掲載。2021年4月8日には、QUTからプレスリリースが出ている。

Sonar准教授率いるチームは昨年、ブリスベンの理髪店から提供されたヒトの毛髪を分解し、240℃で燃焼させてカーボンナノドットを生成。これを未来のスマートデバイス向けのフレキシブルディスプレイに変えられることを示した。一方Wang教授率いるチームは、ナノ構造のカーボン材料を使用して、太陽電池の性能向上に成功している。

新しい研究ではWang教授のチームが、ペロブスカイトを作るプロセスにカーボンナノドットの溶液を加えることで、保護層を形成するのを発見。“一種の鎧”となり、損傷を与える可能性がある湿気や、他の環境要因からペロブスカイト材料を保護する。

カーボンドットで覆われたペロブスカイト太陽電池は、カーボンドットのないものと比較して高い電力変換効率と安定性を備えていたとのことだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る