新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」

ToF方式のLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」がKickstarterに登場し、わずか30分で目標額の調達に成功している。

photo

LD-AIR LiDARは、高精度な360°のセンシング能力を備えた小型軽量のLiDARセンサー。掃除用ロボットやロボットカー、ドローンに搭載し、正確な自律走行を可能にする。

photo

スキャン範囲は半径0.02~12mで、周囲およそ240㎡の空間をカバーする。スキャニング周波数は4500Hz、1秒あたり取得可能なデータポイントは4500で、スキャンデータの解像度は最大4.5K。光源は、効率性と安全性が高い低出力の赤外線レーザーライトを採用している。

photo

内蔵するブラシレスモーターは機械的な摩擦が少なく、スムーズで静かな動作が特徴で、1万時間以上の長寿命化や、メンテナンス性の向上にも貢献する。さらに防水、防塵、30Kルクスの耐外光性能を備え、過酷な環境でも利用できる。

photo

Raspberry PiやArduino向けの開発環境、JavascriptやC++のプログラミング、その他のROS(Robot Operating System)をサポートする。本体サイズ38.59×38.59×34.8mm重さ47gと小型軽量のため、さまざまなロボットに搭載できる。高精度なマッピングや周囲の状況把握、障害物回避、自律走行などに活用できる。

photo

LD-AIR LiDARは、今なら50%オフの数量限定早割価格129ドル(約1万4000円)で入手できる。2021年8月の出荷を予定しており、日本への送料は30ドル(約3300円)だ。2021年7月29日までクラウドファンディングを実施しており、7月19日時点で1000ドル(約11万円)の目標額を大きく上回る約4万ドル(約442万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る