新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Googleが初の電動ストリートビューカー「Jaguar I-PACE」を運用開始

Google Earth/YouTube

Googleは、Jaguar Land Roverの全電動SUV「Jaguar I-PACE」にストリートビュー技術と大気質測定センサーを搭載し、アイルランドのダブリンで運用を開始した。

Googleはこれまでも、一部のストリートビュー撮影車に大気質測定器を装備し都市の大気質を測定しているが、全電動のストリートビュー撮影車はJaguar I-PACEが初めてだ。

Jaguar I-PACEは、全長4.7m、全幅1.9mの四輪駆動SUV。最高速度は200km、バッテリー容量は90kWhで航続距離は438kmだ。このI-PACEに対し、Jaguar Land Roverのエンジニアはストリートビューカメラを取り付けるルーフマウント、配線を通すリアウィンドウ、ストリートビューをコントロールするスイッチギヤなどの改造を行った。

ダブリンでの「Jaguar I-PACE ストリートビュー」の運用は、ダブリン市議会の「Air View Dublin」プロジェクトの一環で、ダブリン市内の大気汚染と二酸化炭素を測定し、街路毎の大気汚染を示す地図を作成する。測定にはAclimaのモバイルエアセンサーが使われ、二酸化窒素(NO2)、二酸化炭素(CO2)、PM2.5などの大気汚染物質を測定することができる。

アイルランドでは、Google マップのストリートビュー画像に加えて大気汚染の実態調査と温室効果ガスの測定に Google ストリートビュー撮影車が使われるのは初めてのことだという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る