新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、押されている位置を検出できる「micro:bit用接触位置センサー」発売

スイッチサイエンスは、どの部分が押されているのかを検知できる「micro:bit用接触位置センサー200mm(コネクタータイプ)」を発売した。

micro:bit用接触位置センサーは、micro:bit用ワークショップモジュール、またはmicro:bit用コネクターベースに接続して使用する。センサーが押されているかどうかと、どの位置が押されているのかを検知することができる。検知できる位置は1カ所のみだ。センサー部分の長さは200mmで、100mmタイプのものも用意されている。

micro:bitのアナログ値を読み取るブロックを使った場合は、押されている位置に対応して0~1023の値を読み取ることができる。

本体の他に専用モジュールとコネクターコードが付属して価格は2750円(税込)。同社ECサイトで販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. リアルタイムモニター付きRaspberry Pi用無停電電源ボード「UPS HAT For Raspberry Pi」
  2. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  3. たかがニッパー、されどニッパー。ニッパーを笑うものはニッパーに泣く! 【ギャル電きょうこの意識の低い工具入門】
  4. 旧OSが必要なユーザーに向けて——Raspberry Pi財団、BusterベースのOS「Legacy」を発表
  5. 「Arduino IDE」が2.0へ——Arduino IDE 2.0 RCを公開
  6. USBドングルタイプのM5Stack IoT開発キット「ATOM U」発売
  7. 3つのモデルでさまざまな加工に対応——コンパクトでハイパワーなレーザー加工機「HiLaser Z」シリーズ
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 おもちゃの電車を載せるだけ! 手のひらサイズの6脚歩行ロボット
  9. スイッチサイエンスが「Arduino Nano 33 BLE」「Arduino Nano 33 BLE Sense」を発売
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る