新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ArduinoでM&M'sを色分けする——自動チョコレートソートマシン「Arduino M&M Color Sorter」

Arduinoは2021年6月18日の公式ブログで、「Arduino Uno」を使ってチョコレート菓子の「M&M's」を色ごとに自動で分別する「Arduino M&M Color Sorter」を紹介した。

photo

Arduino M&M Color Sorterは、フォトレジスターで菓子の色を判別し、仕分ける装置。今はやりの機械学習は使わず、光の強度を利用したシンプルなメカニズムだ。ディスペンサー、ソーター、ストッカーで構成し、ディスペンサーとソーターの一部は3Dプリントで作られている。

photo

ディスペンサーに投入された菓子は、1粒ずつ小さなチャンバーに送り込まれ、白色LEDとRGB LEDで照射される。フォトレジスターが色ごとの反射光の強度を検出し、6つのリファレンスデータと比較して色を決定する。下部のストッカーは仕切りで60度ごと、6部屋に分かれていて、検出結果に合わせてソーターが回転して菓子を振り分ける。

photo

リファレンスデータを取るため、最初に1色ずつ菓子を投入して計測する必要がある。この際、どの色をどの場所に分けるかも決まる。初期設定が終われば、残りを一度に投入してもマシンが自動で仕分けてくれる。リファレンスデータは測定値からのフィードバックにより、最終的に各色の平均値となる。10回以上菓子の供給がないと判定されると、ディスペンサーが空になったとみなし、プログラムが終了する。

photo

材料は、Arduino Uno、白色LED、RGB LED、フォトレジスター、3D部品の他、ステッピングモーター、サーボモーター、抵抗など。容器にはペットボトルやジャムの空き瓶を使用している。

photo

処理能力は1分間に約10粒なので、ソーターの動きを目で追うだけでも面白そうだ。コミュニケーションサイト「Instructables」で、3Dデータやソースコードなど、プロジェクトの詳細を公開している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る