新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売

Mouser Electronicsは、無線通信規格Wi-FiやBluetoothに対応しているマイクロコントローラーESP32搭載の無線通信モジュール「TinyPICO」を発売した。

photo

TinyPICOは、小型化、低電力動作、搭載メモリの大容量化に対応した、無線通信モジュールだ。

photo

第2世代のTinyPICOとなる同製品は、プロセッサが32bitデュアルコア240MHz、メモリが4MB SPI flashと4MB擬似SRAM。2.4GHz IEEE 802.11b/g/nとBluetooth Low Energy4.2に対応。充電制御回路、RGB対応LED、リセットボタン、USB端子を装備。サイズは18×32mm、重量2.0gだ。

700mA 3.3Vのレギュレータを搭載し、2種類のJSTコネクタに対応したパッドを備えているため、好みのリチウムイオンポリマー二次電池での動作が可能だ。

実行環境としてMicroPythonがプリインストールされ、Arduino IDEでの開発に対応する。設計図やソースコードは、公式GitHubリポジトリで公開されている。Mouser日本代理店での価格は3068円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る