新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子ども向けロボットプログラミングコンテスト「KOOV Challenge 2021」参加者募集開始

ソニー・グローバルエデュケーションが主催する国際的ロボットプログラミングコンテスト「KOOV Challenge 2021」が、2021年7月26日にエントリー受付を開始した。

photo

同コンテストは、同社が提供するロボットプログラミング学習キット「KOOV」ユーザーを対象に2017年にスタート。今回で5回目となる。

KOOVは、電子パーツとブロック型のパーツなどを組み合わせてさまざまな形状や機能のロボットを制作。幅広い年齢層向けに用意されたアプリケーションを使って気軽に楽しくプログラミング学習できるキットだ。

今回のKOOV Challengeは、KOOVユーザー向けの「ロボット制作部門」の他に、KOOVユーザー以外でもバーチャル空間上でロボットプログラミングに取り組むことで参加できる「VIRTUAL KOOV部門」を新たに設けた。

photo

ロボット制作部門のテーマは「未来の街づくり ~未来の便利で楽しい暮らしを考えよう~」で、未就学、小学校低学年、小学校高学年、中学生以上の各年代別に募集する。小学校低学年および小学校高学年は、さらに過去に同コンテストのエントリー経験がある「エキスパートクラス」と、初エントリーの「ビギナークラス」に分けて募集する。

VIRTUAL KOOV部門のテーマは「雪かき2021 バーチャルアトラクションVer.」で、小学校低学年以下、小学校高学年、中学生以上の3部門が設定されている。

募集受付は2021年9月9日の15:00頃までで、結果は同年10月31日に発表予定だ。

VIRTUAL KOOV部門の新設に伴って、無料のプログラミング学習コンテンツ(計3回分)を公開している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る