新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子ども向けロボットプログラミングコンテスト「KOOV Challenge 2021」参加者募集開始

ソニー・グローバルエデュケーションが主催する国際的ロボットプログラミングコンテスト「KOOV Challenge 2021」が、2021年7月26日にエントリー受付を開始した。

photo

同コンテストは、同社が提供するロボットプログラミング学習キット「KOOV」ユーザーを対象に2017年にスタート。今回で5回目となる。

KOOVは、電子パーツとブロック型のパーツなどを組み合わせてさまざまな形状や機能のロボットを制作。幅広い年齢層向けに用意されたアプリケーションを使って気軽に楽しくプログラミング学習できるキットだ。

今回のKOOV Challengeは、KOOVユーザー向けの「ロボット制作部門」の他に、KOOVユーザー以外でもバーチャル空間上でロボットプログラミングに取り組むことで参加できる「VIRTUAL KOOV部門」を新たに設けた。

photo

ロボット制作部門のテーマは「未来の街づくり ~未来の便利で楽しい暮らしを考えよう~」で、未就学、小学校低学年、小学校高学年、中学生以上の各年代別に募集する。小学校低学年および小学校高学年は、さらに過去に同コンテストのエントリー経験がある「エキスパートクラス」と、初エントリーの「ビギナークラス」に分けて募集する。

VIRTUAL KOOV部門のテーマは「雪かき2021 バーチャルアトラクションVer.」で、小学校低学年以下、小学校高学年、中学生以上の3部門が設定されている。

募集受付は2021年9月9日の15:00頃までで、結果は同年10月31日に発表予定だ。

VIRTUAL KOOV部門の新設に伴って、無料のプログラミング学習コンテンツ(計3回分)を公開している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る