新しいものづくりがわかるメディア

RSS


VIVIWARE、プロトタイピングツール「VIVIWARE Cell」を出荷開始

VIVIWAREが、さまざまなモジュールを接続してアイデアを検証できるプロトタイピングツール「VIVIWARE Cell」の出荷を開始した。

photo

VIVIWARE Cellはアイデアを具現化し思考を拡張させることを目的にしたプロトタイピングツールだ。玩具や電子楽器、ロボット、デジタルアートなど多くの領域で自分のアイデアを手軽に形にすることができる。

photo

センサーやモーターなどのアクチュエーターを自由自在に接続でき、直感的、感覚的に扱えるので、専門知識がなくてもすぐに使いこなすことができるという。動作用のアプリケーションは、物を動かすためのデータの流れや仕組みを視覚的に捉えて構成することができるので、プログラミング初心者でも使用できる。

ネットワーク経由でScratchやProcessing、Unityなどのアプリケーション開発環境と連携でき、IFTTT経由でWebサービスとの連携もできるなど、拡張性も高い。同ツールはArduino互換機であり、Arduinoの資産を活用しながら新しい VIVIWARE Cellをユーザーが開発できるような仕組みも現在開発中だ。

photo

VIVIWARE Cellはこれまで、写真家のインタラクティブアートや新しいおもちゃを考える実験プロジェクト、ロボットコンテストなどさまざまな分野で活用されている。世界各国のVIVISTOPで利用することができるほか、創作活動や探究活動に取り組んでいる個人や団体、子どもたちと活動している個人や団体などを対象に同ツールの導入/協業パートナーを募集している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る