新しいものづくりがわかるメディア

RSS


VIVIWARE、プロトタイピングツール「VIVIWARE Cell」を出荷開始

VIVIWAREが、さまざまなモジュールを接続してアイデアを検証できるプロトタイピングツール「VIVIWARE Cell」の出荷を開始した。

photo

VIVIWARE Cellはアイデアを具現化し思考を拡張させることを目的にしたプロトタイピングツールだ。玩具や電子楽器、ロボット、デジタルアートなど多くの領域で自分のアイデアを手軽に形にすることができる。

photo

センサーやモーターなどのアクチュエーターを自由自在に接続でき、直感的、感覚的に扱えるので、専門知識がなくてもすぐに使いこなすことができるという。動作用のアプリケーションは、物を動かすためのデータの流れや仕組みを視覚的に捉えて構成することができるので、プログラミング初心者でも使用できる。

ネットワーク経由でScratchやProcessing、Unityなどのアプリケーション開発環境と連携でき、IFTTT経由でWebサービスとの連携もできるなど、拡張性も高い。同ツールはArduino互換機であり、Arduinoの資産を活用しながら新しい VIVIWARE Cellをユーザーが開発できるような仕組みも現在開発中だ。

photo

VIVIWARE Cellはこれまで、写真家のインタラクティブアートや新しいおもちゃを考える実験プロジェクト、ロボットコンテストなどさまざまな分野で活用されている。世界各国のVIVISTOPで利用することができるほか、創作活動や探究活動に取り組んでいる個人や団体、子どもたちと活動している個人や団体などを対象に同ツールの導入/協業パートナーを募集している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る