新しいものづくりがわかるメディア

RSS


乳児を寝かしつける揺り籠機構を自作——Arduinoでベビーベッドの揺らし方を制御

Arduinoを子育てに活用した事例がArduino公式ブログで紹介されている。

乳児の寝かしつけは、子育て時によくある苦労の1つだが、Peter Turczak氏は、Arduino Nanoを活用した揺り籠機構付きベビーベッドでこの負担を軽減しようとしている。

Arduino rocks a crib

Turczak氏が自作した揺り籠機構は、ボールベアリングで連結した上下2段のアルミフレームにベビーベッドを載せ、上側のフレームをステッピングモーター駆動のボールねじで揺らす構造になっている。モーターのコントロールには、「TMC5160」が使われている。一般的にPWMでステッピングモーターを制御するとうなり音が発生するが、このコントローラーに使われているチップだと、かなり静かなステップ動作が行えるという。

Arduino rocks a crib

ArduinoはTMC5160を介して、ベッドの揺れ幅、揺らす頻度や速度などをコントロールする。Arduinoのコントロールによって、ベビーベッドは、初めは総移動距離の25%を揺れ幅として左右に揺れ始める。その後、2時間かけてゆっくりと次第に揺れ幅を小さくし速度を下げていくことで乳児の眠りを誘う。また、揺れる方向を変える際には減速したり加速したりして衝撃が伝わらないように工夫されている。

Arduino rocks a crib

ソフトウェアはまだ開発段階にあるが、モーションコントロールは正しく動作しているという。また、ユーザーインターフェースの開発はこれからだが、睡眠不足の親がデバイスを安全に操作できるようにするとともに、乳児があまり関心を持たないようなものにする必要があるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る