新しいものづくりがわかるメディア

RSS


お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場

3Dスキャナー「Sense Pro+」のプロジェクトがMakuakeで出資を募っている。

同製品はPMAX(中国)が販売中の3Dスキャナー「Sense Pro」の改良版だ。3DスキャンエンジンにIntel RealSenseモジュールを採用することで、スキャン速度と処理速度の向上を図っている。

本体寸法は155×38×26mm、重量は200gとコンパクトかつ軽量で、シングルキャプチャー精度は0.1mm、シングルキャプチャー範囲は210×130mm。精度については「250万円の業務用従来製品のスキャンデータと比べてもほとんど違いがない」と、プロジェクトページでは紹介している。カラースキャンにも対応する。データの出力形式はSTL、PLY、OBJ。

一般販売予定価格は16万2800円。Makuakeでは35%オフとなる10万5800円で購入できるプランなどを用意している。価格は全て税込。

Sense Pro+はMakuakeにて2021年8月30日までクラウドファンディング中だ。目標金額500万円に対し、2021年7月30日の時点で195万円以上を集めている。リターンは2021年9月末までに発送予定だ。

業務用3Dスキャナーとのスキャンデータの比較 業務用3Dスキャナーとのスキャンデータの比較

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る