新しいものづくりがわかるメディア

RSS


お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場

3Dスキャナー「Sense Pro+」のプロジェクトがMakuakeで出資を募っている。

同製品はPMAX(中国)が販売中の3Dスキャナー「Sense Pro」の改良版だ。3DスキャンエンジンにIntel RealSenseモジュールを採用することで、スキャン速度と処理速度の向上を図っている。

本体寸法は155×38×26mm、重量は200gとコンパクトかつ軽量で、シングルキャプチャー精度は0.1mm、シングルキャプチャー範囲は210×130mm。精度については「250万円の業務用従来製品のスキャンデータと比べてもほとんど違いがない」と、プロジェクトページでは紹介している。カラースキャンにも対応する。データの出力形式はSTL、PLY、OBJ。

一般販売予定価格は16万2800円。Makuakeでは35%オフとなる10万5800円で購入できるプランなどを用意している。価格は全て税込。

Sense Pro+はMakuakeにて2021年8月30日までクラウドファンディング中だ。目標金額500万円に対し、2021年7月30日の時点で195万円以上を集めている。リターンは2021年9月末までに発送予定だ。

業務用3Dスキャナーとのスキャンデータの比較 業務用3Dスキャナーとのスキャンデータの比較

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る