新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告

Markforgedは、2021年11月にドイツのフランクフルトで開催される「Formnext 2021」において新型3Dプリンター「FX20」を発表すると告知した。

FX20は、Markforgedがこれまでに製造した中で最大、最速、かつ最も洗練されたプリンターだ。同社の、金属およびカーボンファイバー(炭素繊維)を対象とする統合付加製造(AM:Additive Manufacturing)プラットフォーム「Digital Forge」を以前fabcrossで紹介しているが、FX20はDigital Forgeと連動し、ボタンをクリックするだけで、高温の連続繊維強化熱可塑性プラスチックをプリントできる。

FX20の詳細は明らかにされていないが、高強度、高精度、高性能の部品をプリントすることにより、航空宇宙、防衛、自動車、石油、ガスなど、最も厳しい要件や規制が課せられる分野のニーズにも対応できるという。

FX20の世界各国への出荷は、2022年前半予定となっている。

Markforgedの社長兼CEOであるShai Terem氏は、「FX20をDigital Forgeに追加することで、軽量で高度な複合材部品の安定した生産が可能になり、付加製造市場での当社の主導的地位が強化される。このハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、当社の顧客は、従来の製造業の限界を打開するために必要とされる、極めて重要な最終用途部品の製造に関してMarkforgedを頼りにすることができるようになるだろう」と述べている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る