新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告

Markforgedは、2021年11月にドイツのフランクフルトで開催される「Formnext 2021」において新型3Dプリンター「FX20」を発表すると告知した。

FX20は、Markforgedがこれまでに製造した中で最大、最速、かつ最も洗練されたプリンターだ。同社の、金属およびカーボンファイバー(炭素繊維)を対象とする統合付加製造(AM:Additive Manufacturing)プラットフォーム「Digital Forge」を以前fabcrossで紹介しているが、FX20はDigital Forgeと連動し、ボタンをクリックするだけで、高温の連続繊維強化熱可塑性プラスチックをプリントできる。

FX20の詳細は明らかにされていないが、高強度、高精度、高性能の部品をプリントすることにより、航空宇宙、防衛、自動車、石油、ガスなど、最も厳しい要件や規制が課せられる分野のニーズにも対応できるという。

FX20の世界各国への出荷は、2022年前半予定となっている。

Markforgedの社長兼CEOであるShai Terem氏は、「FX20をDigital Forgeに追加することで、軽量で高度な複合材部品の安定した生産が可能になり、付加製造市場での当社の主導的地位が強化される。このハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、当社の顧客は、従来の製造業の限界を打開するために必要とされる、極めて重要な最終用途部品の製造に関してMarkforgedを頼りにすることができるようになるだろう」と述べている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る