新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Markforged、クラウドベースのAIプラットフォーム「Digital Forge」を発表

Markforgedは、高品質の3Dプリンティング向けに機械学習を搭載したAIプラットフォーム「Digital Forge」を発表した。

Digital Forgeは、産業グレードの部品をオンデマンドで提供できるクラウドベースのプラットフォームだ。フリートフェデレーションラーニングと呼ばれる機械学習を採用し、ネットワークでつながった世界中のMarkforged製品からのデータを使って常に学習させることで、ユーザーは正しいプリントジョブを利用することができる。プラットフォーム自体がクラウドベースなため、継続的に機能が更新され、顧客は常に新しい機能を利用することができる。

「Digital Forgeを利用すれば、メーカーは当社の強力なソフトウェアを使って従来とは桁違いの安さで、丈夫で正確、そして耐久性のある金属部品や複合部品を、必要なとき必要なだけ直接製造できる」と、Greg Mark会長は語る。1つのブラウザのタブから金属部品と炭素繊維強化部品の両方を安全かつ簡単にプリントできる、唯一のプラットフォームだとしている。

同社は、シーメンス、ポルシェ、マイクロソフトなど1万2000社以上の顧客を抱え、すでに多くの航空宇宙企業や自動車企業、米軍関係がDigital Forgeを採用しているという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る