新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小型自律ロボットに求められる要素をまとめたマイコンモジュール「RECore」をオムニメントが発売

オムニメントは、マイコンモジュール製品「RECore」を2021年8月12日に発売する。

同製品はロボットの試作において特に多く用いられているマイコン、モータードライバー、姿勢センサー、バッテリー、充電器、ライターなどの要素を1つのモジュールに収めていることが特徴だ。部品調達の手間を減らせることに加え、部品の相性などを気にせず使用できる。

モータードライバーは4つ搭載されており、4つのDCモーター、2つの2倍電流DCモーター、2つのステッピングモーターを動かすことが可能だ。電流制限機能も搭載しており、安全にも配慮されている。

モーターの種類と電流、動作はプログラムにより制御可能で、これにより検証したいロボットの性質に合わせたモーターを使用できる。

マイコンには、STMのSTM32G431 ARM Cortex-M4Fを採用。FPU(浮動小数点計算ユニット)を搭載した170MHzのプロセッサーにより、高速な情報処理と制御が可能だ。

本体サイズは70×95×40mm。本体とUSBケーブルが全てパッケージになっており、箱から取り出してすぐに使用できるため、開発に取り掛かるまでの時間を削減できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る