新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アカデミスト、研究費支援プログラム「academist Prize for 炭素除去」開催

アカデミストは、炭素除去にチャレンジする学生チームを対象とした研究費支援プログラム「academist Prize for 炭素除去」を開催する。

academist Prize for 炭素除去は、XPRIZE財団が主催する、優れた研究チームに賞金総額1億ドル(約109億円)を配分するコンテスト「$100M PRIZE FOR CARBON REMOVAL」のSTUDENT COMPETITIONにチャレンジする学生チームの研究費獲得をサポートするのが目的だ。

academist Prize for 炭素除去の選考に通過した学生チームは、スポット型クラウドファンディングにチャレンジし、目標金額に達成した場合は最大100万円の追加支援を受けることができ、メンターの紹介などのサポートも実施予定だ。

募集期間は2021年8月2日~8月27日、募集対象者は35歳以下の学生、募集人数は若干名。応募条件は、$100M PRIZE FOR CARBON REMOVALのSTUDENT COMPETITION GUIDELINESの参加条件を満たしていること、スポット型クラウドファンディングにチャレンジできること、大学・研究機関に所属する博士号取得者からの応援メッセージ2件をプロジェクトページに掲載できること。

2021年8月6日と8月17日にオンライン説明会を開催し、9月上旬に審査結果発表。クラウドファンディングは同年9月15日~10月28日に実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る