新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico向けにGPIO拡張基板など4製品発売

スイッチサイエンスが、Raspberry Pi Pico向けLED基板2種とGPIO拡張基板2種の合計4つの新製品を発売した。

photo

LED基板「Pico Scroll Pack」は、白色LEDを17×7グリッド、合計119個搭載。各LEDの明るさを個別にコントロールでき、グラフやアニメーション、セルオートマトン、メッセージなどの表示が可能。価格は2233円だ。

photo

「Pico Unicorn Pack」は、RGB LEDを16×7グリッド、合計112個搭載したLED基板だ。各LEDの明るさに加えて色も個別にコントロールできるので簡単な画像の表示も可能になる。価格は3267円だ。いずれのLED基板も、4つのタクタイルボタンを備え、Raspberry Pi Picoの裏面にジャストフィットするサイズとなっている。

photo

「Pico Omnibus(Dual Expander)」は、Raspberry Pi PicoのGPIOピン数を2倍に拡張する基板だ。Pico PackやBase製品を2つ同時接続したり、追加されたGPIOピンを使って他のデバイスやジャンパワイヤー、回路などに簡単に接続できるようになる。同基板を活用することでプロトタイピングの効率が上がるという。価格は1243円だ。

photo

さらにピン数を4倍にした拡張基板が「Pico Decker(Quad Expander)」だ。同基板により、最大4つのPico PackやBase製品を同時接続したり、Pico Omnibusと同じように、追加したGPIOにさまざまなデバイスなどを接続できる。価格は1980円(いずれも税込)となる。

これらの新製品は、同社ECサイトなどで販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る