新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico向けにGPIO拡張基板など4製品発売

スイッチサイエンスが、Raspberry Pi Pico向けLED基板2種とGPIO拡張基板2種の合計4つの新製品を発売した。

photo

LED基板「Pico Scroll Pack」は、白色LEDを17×7グリッド、合計119個搭載。各LEDの明るさを個別にコントロールでき、グラフやアニメーション、セルオートマトン、メッセージなどの表示が可能。価格は2233円だ。

photo

「Pico Unicorn Pack」は、RGB LEDを16×7グリッド、合計112個搭載したLED基板だ。各LEDの明るさに加えて色も個別にコントロールできるので簡単な画像の表示も可能になる。価格は3267円だ。いずれのLED基板も、4つのタクタイルボタンを備え、Raspberry Pi Picoの裏面にジャストフィットするサイズとなっている。

photo

「Pico Omnibus(Dual Expander)」は、Raspberry Pi PicoのGPIOピン数を2倍に拡張する基板だ。Pico PackやBase製品を2つ同時接続したり、追加されたGPIOピンを使って他のデバイスやジャンパワイヤー、回路などに簡単に接続できるようになる。同基板を活用することでプロトタイピングの効率が上がるという。価格は1243円だ。

photo

さらにピン数を4倍にした拡張基板が「Pico Decker(Quad Expander)」だ。同基板により、最大4つのPico PackやBase製品を同時接続したり、Pico Omnibusと同じように、追加したGPIOにさまざまなデバイスなどを接続できる。価格は1980円(いずれも税込)となる。

これらの新製品は、同社ECサイトなどで販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る