新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが「M5Stamp Pico DIY Kit」を発売

スイッチサイエンスは2021年8月19日に「M5Stamp Pico DIY Kit」の販売を開始した。

M5Stamp PicoはEspressif ESP32-PICO-D4 Wi-Fiチップを搭載した切手サイズの小型開発プラットフォームで、UIFlowを使ったグラフィカルプログラミング、Arduino、MicroPython、ESP32-IDFでの開発が可能だ。

なお、M5Stamp Picoにはプログラム書き込み用のUSBシリアル変換が基板上に搭載されていない。DIY KitにはESP32-DOWNLOADERが付属しており、これを利用してプログラムを書き込む必要がある。

基板上にはWi-Fiチップとアンテナ、プッシュスイッチ、LEDが搭載。5V→3.3V DC/DCポート、GPIO×12が利用可能なほか、調整済みのRF回路により安定したワイヤレス通信が可能だ。

本体寸法は18×24×4.4mm、重量は1.6g。価格は2156円(税込)で、スイッチサイエンスのWebサイトで販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る