新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoT向け六角形マイコンボード「Magicbit」——各種モジュールは4辺に差し込んで接続

IoT教育や電子工作に適したマイコンボード「Magicbit」がKickstarterに登場し、順調に資金調達が進んでいる。

Magicbitは、IoTに関する教育、電子工作などを目的としてデザインされ、ESP32(240MHz、SRAM 520KB、フラッシュメモリー4MB)ベースの小型コンピューターだ。

Magicbit

六角形のボード上に、押しボタン、LDR(フォトレジスター)、ポテンショメーター、LED、ブザー、有機ELディスプレイ、モータードライバーなどを備えている。通信機能は、Wi-Fi、Bluetooth、USBに対応。ただし、Wi-Fi、Bluetoothを日本国内で使用するには、技適(技術基準適合証明・認定)を取得し、技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

六角形ボードの4辺はセンサーなどのモジュールを接続するコネクターになっている。キャンペーン時点で用意されているモジュールは、モーションセンサー、温湿度センサー、赤外線エミッター、赤外線レシーバー、近接センサー、RGB LED、チルトセンサー、サーボモーター、超音波距離センサー、土壌水分センサーの合計10種類だ。

Magicbit
Magicbit

IoTの実装は、クラウドベースのIoTプラットフォーム「Magicblocks.io」を使って行う。Magicblocks.ioには、デバイスマネージャーと、「Node-RED」ベースのビジュアルコードビルダーが用意されている。また、モバイルアプリも用意されており、スマートフォンとの連携も可能だ。

Magicbit
Magicbit

Magicbitの早期割引価格は、各種センサーとサーボモーターなどを含むキット「Magicbit Pro」が84オーストラリアドル(約6600円)、2セットでは159オーストラリアドル(約1万2500円)だ。出荷は2021年10月の予定で、日本への送料は1セットで27オーストラリアドル(約2100円)、2セットで34オーストラリアドル(約2700円)だ。

Magicbitは7000オーストラリアドル(約55万円)を目標に、2021年8月26日までクラウドファンディングを実施する。2021年8月20日時点で、目標額を上回る約3万7000オーストラリアドル(約299万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  10. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る