新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GIAIE、センシングサービス「SensingApp」無償提供開始

GIAIEは2021年8月23日、クラウドサービス「SensingApp(センシングアップ)」ベータ版を、個人向けに無償提供を開始した。

photo

同社によると、2030年に国内のIT技術者が80万人不足すると言われているが、個人がIoTの学習を行いやすい環境をつくりIoT技術力を根底から上げていくために、同社ではSensingAppを個人向けに無償提供することにした。

photo

SensingAppは、Raspberry Piなどを用いてセンサーで取得したデータを可視化できるクラウドサービスだ。ベータ版では、センサーデータの現在値の確認、データのデータベースへの蓄積、遠隔で撮ったUSBカメラの写真の確認、異常値のメールによる確認、計測値の範囲や単位の設定などが行える。

photo

SensingAppベータ版(無償版)は、登録可能センサー数100個、保存可能写真数最新5枚、データベース保存期間は1年間、計測間隔は60秒以上。初期費用と月額料金は無料で、商用利用は不可となっている。利用申し込み専用サイトで、利用規約確認後、入力フォームに記入して送信すると、2営業日以内にアカウントが発行される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  9. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る