新しいものづくりがわかるメディア

RSS


パルスオキシメーターを自作しよう——スイッチサイエンス「M5StickC 心拍センサ Hat」発売

スイッチサイエンスは、2021年8月23日に「M5StickC 心拍センサ Hat」の販売を開始した。

M5StickC 心拍センサ Hatは、LED反射測定方式によって血中酸素濃度を計測できる心拍センサーモジュール「MAX30102」を搭載し、電極を使うことなく血中酸素濃度や心拍数を計測するセンサーシステムに適している。

サンプリングレートやLED電流をプログラム可能で、プログラム実行後に計測エリアに指をしっかりと押し当てて使用する。MAX30102、I2C通信インターフェース、赤外線LED、光検出器、光学部品、低ノイズ電子部品を搭載し、環境光フィルタ機能を備える。

製品サイズは25×24×14mm、重量5.1g、シェル材質はプラスチック。税込単価は2299円だ。スイッチサイエンスのWebサイトで販売している。なお、本製品は医療機器ではないため、医療用途としては利用できない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る