新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Sintavia、ロケットエンジン向けに銅合金の積層造形技術を開発

新世代の航空機や発射体の設計と3Dプリントを手掛ける米Sintaviaは2021年7月20日(現地時間)、NASAや民間宇宙飛行企業のロケット推進チャンバー部品に適した銅合金「GRCop-42」を3Dプリントできる独自の技術を開発したと発表した。

同技術は、独EOSの金属プリンター「M400-4」用に開発されたもので、独自のパラメータ設定と後工程の熱処理を組み合わせることで、最小密度99.94%、最小引張強度28.3ksi(約195MPa)、最小極限降伏強度52.7ksi(約363MPa)、最小伸長率32.4%という性能を有するGRCop-42部品の製造を可能にした。後工程の熱間静水圧プレスが不要なため、製造の時間、複雑性、コストの削減に貢献する。

Sintaviaのエンジニアリング部門副社長Pavlo Earle氏は「GRCop-42はあらゆる点で積層造形が非常に難しい金属だが、このような性能を達成できたことで、航空宇宙および防衛産業における積層造形アプリケーションの世界的リーダーとしての当社の役割はさらに強固なものとなる」と語り、耐熱合金など他の材料に向けた独自規格を開発しているとも説明した。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る