新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ユカイ工学、スモールスタートで始めるデザインプロジェクト「MiY」を始動

ユカイ工学が、スモールスタートで手工業的にものづくりを行うデザインプロジェクト「MiY」(メイドインユカイ)をスタートさせた。

photo

MiYは、「愉快」なアイデアをより軽やかに、スモールスタートを基本として形にしていこうという思いで立ち上げたプロジェクトだ。開発規模や期間が必須となるテクノロジーをあえて搭載せずに、ものづくりを楽しむ気持ちや、何か面白いことをメンバーやユーザーと身近な距離感で共有しながら、共に育てていくような取り組みになることを目指す。

photo 「コイシパズル」

プロジェクト第1弾として3種類のアイデア製品を発売した。1つ目が小石のような4センチ角のキューブを組み合わせた立体パズル「コイシパズル」だ。サイズは約40×40×40mmで価格は3300円(税込)。

photo 「カザミドリ」

2つ目は、台の上で微妙なバランスと取り、一定の角度で風が当たると回転し続ける「カザミドリ」という製品だ。大量に集めて一斉に回すという楽しみ方もある。サイズは本体が約60×60×30mmで台座が約16×16×23mm。価格が2200円(税込)となる。

photo 「アスタリスク」

最後が、アスタリスクのような、または雪や鉱石の結晶のような形状の小型オブジェ「アスタリスク」だ。コマのように回して遊んだり、アクセサリースタンドとして使ったりすることができる。正多面体をベースにデザインされているので、どの向きで置いても安定し、きれいにスタッキングすることもできる。サイズは約40×40×40mmで、価格は1100円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る