新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1本ではんだ付け/熱切断/UV硬化の3役をこなす多機能はんだごて「Aboutmaker」

3通りの使い方ができる多機能はんだごて「Aboutmaker」がKickstarterに登場し、メイカーらからの支持を得ている。

Aboutmaker

Aboutmakerは、先端のアタッチメントを交換することにより、はんだごて、熱カッター、UV硬化ライトの3通りの使い方ができるメイカー/ホビースト向けツール。電子部品のはんだ付けのほか、発泡スチロールの加工や、紫外線硬化型接着剤の硬化促進に使うことができる。また、LEDライトのアタッチメントも用意されているので、細かい作業や機器内部の確認にも使える。

Aboutmaker
Aboutmaker
Aboutmaker

多機能はんだごての長さは100mm。温度範囲は100~400℃だ。電源はUSB Type-Cで、充電規格はPD2.0(12V 3A)とQC3.0(9V 2A)の両方をサポートしている。加熱も速く、QCで25秒、PDなら4秒で300℃まで加熱できる。

Aboutmakerのキャンペーン価格は、536香港ドル(約7500円)。出荷は2021年12月の予定で、日本への送料は155香港ドル(約2200円)だ。

Aboutmakerは2021年9月2日までクラウドファンディングを実施するが、キャンペーン開始から3日ほどで目標額の3万9000香港ドル(約55万円)を達成し、2021年8月27日時点で目標額を上回る約36万香港ドル(約510万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る