新しいものづくりがわかるメディア

RSS


広角魚眼か標準レンズか——スイッチサイエンス「Unit Cam Wi-Fiカメラ DIYキット」発売

スイッチサイエンスが、広角魚眼レンズモジュールと標準レンズモジュールの2種類のレンズモジュールを同梱した組み立て式Wi-Fiカメラキット「Unit Cam Wi-Fiカメラ DIYキット(OV2640)」を発売した。

photo

同キットは、用途などに応じて広角魚眼レンズまたは標準レンズのいずれかを選んで組み立てる。両モジュールとも200wピクセル出力をサポートするOV2640イメージセンサーを搭載。高解像度でフォーカス機能も備えているため、さまざまなIoTイメージキャプチャーのアプリケーションに適しているという。

photo

デフォルトのファームウェアではWi-Fiモード、またはUARTモードの選択ができる。Wi-Fiモードでは定期的なインターバル撮影をM5クラウドに自動的にアップロードし、画像呼び出しインターフェース(URL)を返すことをサポートする。UARTモードでは、ユーザーが他デバイスからUART通信経由で画像フレームを取得し、画像パラメーター変更することをサポートする。

ArduinoやESP32-IDFなど、主な開発プラットフォームで動作。サイズは40×24×11(魚眼カメラ使用時は17.2)mm、重量は21.8g。価格は2475円(税込)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る