新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オリジナルマインド、大容量成形に対応する「手動射出成形機 INARI M12」発売

INARI M12

オリジナルマインドが、新製品「手動射出成形機 INARI M12」を2021年9月中旬に発売する。

同製品は、旧モデル「手動射出成形機 INARI」を元に、シリンダー形状の改良と併せ、最大容量を12ccまで倍増するなどの機能改善をしている。

大容量成形を実現するために力のかかりやすい箇所の強度を増したり、大容量時でも力をかけやすい構造を採用した。

取付可能な型のサイズは厚さ95mm以下で高さ116mm以下(横サイズは無制限)。加圧能力は入力に対して理論上10~15倍となっている。成形実績がある素材は、PS、PP、ABS、POM、PA6、PE、TPEだ。

本体外形寸法は1012(ハンドル展開時は1204.3)×111.5×278.9(ハンドル展開時は1037.3)mmで、重量は15.5kg。販売予定価格は29万8000円(税込)だ。

(写真左)INARI M12における12ccの成形サンプル、(写真右)INARIにおける6ccの成形サンプル (写真左)INARI M12における12ccの成形サンプル、(写真右)INARIにおける6ccの成形サンプル

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る