新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Desktop Metal、ExOneの買収を発表——企業規模を問わず付加製造ソリューションの提供を可能に

金属3DプリンターメーカーのDesktop Metalは、バインダージェット方式3Dプリンターの製造販売を手掛けるExOneを買収すると発表した。

Desktop Metalは2015年設立。2017年に世界初のオフィス環境向けBMD(Bound Metal Deposition)方式金属3Dプリンティングシステム「Studio System」を発売し、金属部品製造用の「Shop System」、大量生産用高速金属3Dプリンティングシステム「Production System」などニーズに合わせた金属3Dプリンターの製造販売を行っている。

ExOneは、世界初のバインダージェット方式金属3Dプリンター「ProMetal RTS-300」を1998年に発売したExtrude Honeの3Dプリンティング事業を分離独立させて設立した企業だ。社名は、Extrude Honeの「Ex」と「one」から命名されている。

Desktop MetalとExOneはどちらもバインダージェット方式金属3Dプリンターを手掛けているが、ExOneについて特筆すべき点は、2021年2月に米国防総省から3Dプリンティング「工場」ともいえる自己完結型の付加製造設備開発契約を受注していることだろう。

この付加製造設備は、長さ40フィート(約12メートル)の輸送用コンテナー内部に3Dスキャナーやバインダージェット方式金属セラミック3Dプリンター、繊維強化プラスチック対応3Dプリンター、焼結炉、圧縮成形機などを設置するものだ。戦地や災害現場へ陸路、海路、空路経由で直接配備し、破損した部品を現地で48時間以内に製作することを目標としている。

Desktop Metalは、今回の買収により同社の製品プラットフォームが強化されるとともに、規模の大小にかかわらずあらゆる企業に付加製造ソリューションを提供することが可能になるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る