新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Desktop Metal、ExOneの買収を発表——企業規模を問わず付加製造ソリューションの提供を可能に

金属3DプリンターメーカーのDesktop Metalは、バインダージェット方式3Dプリンターの製造販売を手掛けるExOneを買収すると発表した。

Desktop Metalは2015年設立。2017年に世界初のオフィス環境向けBMD(Bound Metal Deposition)方式金属3Dプリンティングシステム「Studio System」を発売し、金属部品製造用の「Shop System」、大量生産用高速金属3Dプリンティングシステム「Production System」などニーズに合わせた金属3Dプリンターの製造販売を行っている。

ExOneは、世界初のバインダージェット方式金属3Dプリンター「ProMetal RTS-300」を1998年に発売したExtrude Honeの3Dプリンティング事業を分離独立させて設立した企業だ。社名は、Extrude Honeの「Ex」と「one」から命名されている。

Desktop MetalとExOneはどちらもバインダージェット方式金属3Dプリンターを手掛けているが、ExOneについて特筆すべき点は、2021年2月に米国防総省から3Dプリンティング「工場」ともいえる自己完結型の付加製造設備開発契約を受注していることだろう。

この付加製造設備は、長さ40フィート(約12メートル)の輸送用コンテナー内部に3Dスキャナーやバインダージェット方式金属セラミック3Dプリンター、繊維強化プラスチック対応3Dプリンター、焼結炉、圧縮成形機などを設置するものだ。戦地や災害現場へ陸路、海路、空路経由で直接配備し、破損した部品を現地で48時間以内に製作することを目標としている。

Desktop Metalは、今回の買収により同社の製品プラットフォームが強化されるとともに、規模の大小にかかわらずあらゆる企業に付加製造ソリューションを提供することが可能になるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る