新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティングジャパン、オープンマテリアルプロジェクト始動——造形材料の品質検証環境を新設

XYZプリンティングジャパンは、3Dプリンター用材料の品質検証環境機能を兼ね備えたショールームを、2021年9月6日東京都板橋区のオフィス内に開設した。2022年中に13種類まで拡大する粉末焼結用(SLS)材料検証をはじめ、化学メーカーとの材料開発協業を加速化させる狙いがある。

photo

今回の環境構築では国内AM需要の高まりに伴って注目が集まるSLSのほか、高速出力タイプの光造形機やスーパーエンプラ対応FFF機などを設置する。自社で開発した純正素材の検証を行いながら、並行して化学メーカーの3Dプリント素材の開発支援も積極的に行う。

photo

具体的には化学メーカーからの要望に応え、同社と関係企業で市場ニーズを調査し、検証環境を案内してパラメーター情報提供を行いながら、化学メーカーの材料開発を後押する。開発完了後は、同社ブランドとして採用し、EU、アメリカ、中国などグローバルでの展開も視野に入れていくのがオープンマテリアルプロジェクトの概要だ。

photo SLS機のCO2レーザーも保証対象となる。

ショールーム開設に伴って、同社は産業用3Dプリンターの保守プランを大幅に変更する。従来の保守プランでは、SLS機のレーザーなど、保証対象外となるパーツが一部あったが、2021年9月6日よりすべてのパーツを保証対象へと変更する。同社が認めた材料であれば、他社材料を使用して発生した不具合であっても、同一の保証が適用される。

photo

3Dプリンターの設置環境構築サービスも開始する。主に粉末材料を使用するSLS機「MfgPro230 xS」とBJ機「PartPro350 xBC」を対象とし、設置環境構築そのものをパッケージ商材として提供する。また、3Dプリンターを新たに導入する企業向けを支援する施策として、3Dデータ作成支援と補助金申請支援の2サービスも年内に開始予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る