新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アールティ、Unity Japanと共同でUnityとROSを組み合わせたロボット入門者向け教材を開発

Raspberry Pi Mouse

アールティは2021年9月9日、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン(Unity Japan)と共同で、UnityとROSを組み合わせたロボット開発のための入門用教材を開発した。

同教材は、ROS対応ロボットの操作性をUnityで向上させるためのロボット入門者向け教材だ。同年10月上旬に、Unity Japanの運営するWebサイト「Unity for Industry」にて公開を予定している。

同教材を通して、UnityからROS対応ロボットへの指令の出し方や、搭載された各種センサーの値などロボットの状態の可視化方法を体験できる。また学習後は、Unity Asset Storeなどで公開されているアセット(素材)を組み合わせてカスタマイズすることで、オリジナルのUI制作にチャレンジできる。

シミュレーション上で動かすロボットのデータは、アールティが製造/販売している小型二輪移動ロボット「Raspberry Pi Mouse」を使用。将来は実機に対応した教材の公開も予定している。

同ロボットはメインボードにRaspberry Piを使った左右独立二輪方式の小型移動プラットフォームロボットだ。ROSに対応しており、オープンソースでROSのサンプルプログラムも多数公開している。

また、2021年9月16日には、都内のKFC Hall & Roomsで開催されるROS開発者会議「ROSCon JP 2021」にも出展予定だ。アールティ出展ブースにおいて「UnityとROSで学ぶ移動ロボット入門 UI作成編」の一部教材や、開発画面の先行公開を予定している。

UI作成のイメージ UI作成のイメージ

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る