新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GE AviationとSafranが持続可能な航空用エンジン開発プログラムを開始——燃料消費量とCO2排出量の20%以上削減を目指す

Copyright :CFM International

米GE Aviationと仏Safranは、2021年6月14日、現在のエンジンと比較して燃料消費量とCO2 排出量を20%以上削減することを目標とした技術開発プログラム「CFM RISE(Revolutionary Innovation for Sustainable Engines)」を開始したことを発表した。

また、同日、両社が設立した合弁会社CFM Internationalにおける対等なパートナーシップを2050年まで延長する契約を締結し、2050年までにCO2排出量を半減させるという航空業界の取り組みに沿って、より持続可能な航空機産業を先導していく意向を表明した。

CFM RISEプログラムは、2030年代半ばまでに実用化される可能性がある次世代CFMエンジンに向けて、技術を成熟させていく。同プログラムの目標は、現在の最も効率的なエンジンと比較して燃料消費量とCO2排出量を20%以上削減することと、持続可能な航空燃料や水素などの代替エネルギー源との互換性を100%確保することだ。

このプログラムの中心となるのは、オープンファンアーキテクチャー開発などにより、エンジンの推進効率を最適化することだ。これは、現行の単通路機(ナローボディ機)と同等の速度とキャビン体験を提供しながら、燃料効率の大幅改善を実現するために重要な要素だ。

CFM RISEプログラムでは、アンダクテッドファン(UDF)、複合材ファンブレード、高速ブースター、アディティブ・マニュファクチャリング、ハイブリッド化、セラミックス基複合材料(CMC)など、両社の最高の技術を発展させていくとしている。

今後、2020年代半ば頃にGEとSafranの施設でデモエンジンの試験を開始し、その後すぐにフライトテストを行う予定だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る