新しいものづくりがわかるメディア

RSS


90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」

Raspberry Pi財団は2021年8月10日、公式ブログでRaspberry Pi Compute Module 4用キャリアボード「TOFU」について紹介した。Gareth Halfacree氏によるTOFUのレビューは、Custom PC magazineの最新版に掲載されている。

photo

開発元のOratekの最高責任者Aurélien Essig氏は、Raspberry Pi財団が開発したキャリアボード「CM4IO」に触発されて、TOFUを開発したという。「産業アプリケーション向けを想定しているが、充実した入出力インターフェースを提供するコンパクトで完全なソリューションを求めるホビイストにも受け入れるだろう」と同氏。TOFUのネーミングは豆腐からきており、「日常使い」の意味が込められているようだ。

photo

ブラック仕上げのボードのサイズは90×90mmで、2つの高密度コネクターでRaspberry Pi CM4を接続する。また、取り付けボルトを別に用意する必要はあるが、ピン互換のある市販ボードも搭載できる。

ボードの右側にはPoE対応ギガビットイーサネットポート(別途PoE HATが必要)、USB2 Type-Aポート×2、電源入力(2.1バレル/3.5mmターミナルブロック)、ボトムにはカメラシリアルインタフェース(CSI)/ディスプレイシリアルインタフェース」(DSI)用22ピンコネクター、フルサイズHDMIポート、USB2ポート、左側にはMicroSDスロット、microSIMスロット、USB Type-Cポートを搭載する。入力電圧は7.5~28Vで、回路保護機能も備える。

photo

ボードを裏返すとmicroSIMスロットの目的が明らかになる。Raspberry Pi CM4のPCI-EレーンをM.2 B-Keyスロットに引き込むことで、3G/4Gモデムなどのハードウェアの接続が可能になる。また、オプションのアダプターボード「M.2 Key M Adapter」を使えば、NVMeデバイスなどとの接続が可能なM-Keyへの変換にも対応する。

photo

TOFUの本体価格は99スイスフラン(約1万1900円)で、オプションのM.2 Key M Adapterを19スイスフラン(約2270円)、専用ケース「Switchblade Enclosure」を8スイスフラン(約960円)で提供する。Oratekのサイトから注文でき、別途送料が必要。なお、Switchblade Enclosureには通気口があるが、ヒートシンクかファンの取り付けを推奨している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. リアルタイムモニター付きRaspberry Pi用無停電電源ボード「UPS HAT For Raspberry Pi」
  2. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  3. たかがニッパー、されどニッパー。ニッパーを笑うものはニッパーに泣く! 【ギャル電きょうこの意識の低い工具入門】
  4. 旧OSが必要なユーザーに向けて——Raspberry Pi財団、BusterベースのOS「Legacy」を発表
  5. 「Arduino IDE」が2.0へ——Arduino IDE 2.0 RCを公開
  6. USBドングルタイプのM5Stack IoT開発キット「ATOM U」発売
  7. 3つのモデルでさまざまな加工に対応——コンパクトでハイパワーなレーザー加工機「HiLaser Z」シリーズ
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 おもちゃの電車を載せるだけ! 手のひらサイズの6脚歩行ロボット
  9. スイッチサイエンスが「Arduino Nano 33 BLE」「Arduino Nano 33 BLE Sense」を発売
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る