新しいものづくりがわかるメディア

RSS


寝ながら使うVRマシン——Diver-X、据え置き型VRデバイス「HalfDive」発表

Diver-Xが、横たわった状態での使用に最適化した完全据え置き型VRデバイス「HalfDive」を発表した。

photo

一般的なVRヘッドマウントディスプレイの多くは、動きながらの使用を前提としており、小型、軽量である必要があるために性能上さまざまな制約を受けている。今回発表したHalfDiveは、据え置き型としたことでヘッドマウント型では実現が難しかった性能や機能を備えた。

photo

ゴーグル部には合計10枚の非球面レンズを搭載することで、歪みやフレア、映像の劣化など、従来のフレネルレンズを用いた光学系の課題を解消。さらに最大約134度の超高視野角と鮮明な映像を両立させた。また、可変焦点機能にも対応した。

photo

また、据え置き型筐体の利点を生かした多数の感覚フィードバックシステムを搭載。2基のファンによる風フィードバックや、ワイヤーを用いた力覚フィードバック、エキサイターを用いた振動フィードバックを備える。

photo

同じく据え置き型の球場筐体を生かし、頭全体を覆うように配置された4つのスピーカーによる没入型サウンドシステムや、体を動かせない欠点を補うための足コントローラーおよび動作エミュレーションシステムも搭載している。

photo

同社では2021年11月6日からのクラウドファンディングサイトKickstarterでのプロジェクト開始に向けた準備を現在進めており、ベーシックモデルを8万円程度、フルセットを12万円程度、可変焦点機能対応モデルを40万円程度で提供する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る