新しいものづくりがわかるメディア

RSS


寝ながら使うVRマシン——Diver-X、据え置き型VRデバイス「HalfDive」発表

Diver-Xが、横たわった状態での使用に最適化した完全据え置き型VRデバイス「HalfDive」を発表した。

photo

一般的なVRヘッドマウントディスプレイの多くは、動きながらの使用を前提としており、小型、軽量である必要があるために性能上さまざまな制約を受けている。今回発表したHalfDiveは、据え置き型としたことでヘッドマウント型では実現が難しかった性能や機能を備えた。

photo

ゴーグル部には合計10枚の非球面レンズを搭載することで、歪みやフレア、映像の劣化など、従来のフレネルレンズを用いた光学系の課題を解消。さらに最大約134度の超高視野角と鮮明な映像を両立させた。また、可変焦点機能にも対応した。

photo

また、据え置き型筐体の利点を生かした多数の感覚フィードバックシステムを搭載。2基のファンによる風フィードバックや、ワイヤーを用いた力覚フィードバック、エキサイターを用いた振動フィードバックを備える。

photo

同じく据え置き型の球場筐体を生かし、頭全体を覆うように配置された4つのスピーカーによる没入型サウンドシステムや、体を動かせない欠点を補うための足コントローラーおよび動作エミュレーションシステムも搭載している。

photo

同社では2021年11月6日からのクラウドファンディングサイトKickstarterでのプロジェクト開始に向けた準備を現在進めており、ベーシックモデルを8万円程度、フルセットを12万円程度、可変焦点機能対応モデルを40万円程度で提供する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る