新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンティングにより60日で製造可能なロケット「Terran R」——2段式で完全再利用可能

Relativity Space/YouTube

アメリカのロケットベンチャー企業「Relativity Space」は2021年6月20日、3Dプリンターで製造して再利用可能なロケット「Terran R」の計画を発表した。

Terran Rは高さ66メートル、直径4.9メートル、ペイロードフェアリング5メートルの2段式ロケット。エンジンの推力は210万ポンド、地球低軌道(LEO)へ20トンの打ち上げ能力を持つ。Relativity Space の最初の3Dプリンター製ロケット「Terran 1」のペイロードの1.25トン(地球低軌道投入)に比べ、打ち上げ能力が大きく向上している。

Relativity Spaceのロケットは、同社の持つ世界最大の金属3Dプリンター「Stargate」を使い、60日で製造することができるという。また、Relativity Spaceは、構造体ばかりでなくエンジンも3Dプリントするので、タッチポイントやリードタイムが大幅に少なくなり、サプライチェーンがシンプルになり、全体的な信頼性が向上するとしている。更に、Terran Rの場合はエンジンやペイロードフェアリングを含め完全に再利用可能だという。

Terran 1は2021年秋に、Terran Rは2024年にフロリダ州ケープカナベラルから打ち上げられる予定だ。Relativity Spaceは、政府と民間を併せて9件の打ち上げ契約を確保しているとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  4. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  5. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  10. 加工エリアは無限大——折り畳み可能なポータブルレーザー加工機「Optic」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る