新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンティングにより60日で製造可能なロケット「Terran R」——2段式で完全再利用可能

Relativity Space/YouTube

アメリカのロケットベンチャー企業「Relativity Space」は2021年6月20日、3Dプリンターで製造して再利用可能なロケット「Terran R」の計画を発表した。

Terran Rは高さ66メートル、直径4.9メートル、ペイロードフェアリング5メートルの2段式ロケット。エンジンの推力は210万ポンド、地球低軌道(LEO)へ20トンの打ち上げ能力を持つ。Relativity Space の最初の3Dプリンター製ロケット「Terran 1」のペイロードの1.25トン(地球低軌道投入)に比べ、打ち上げ能力が大きく向上している。

Relativity Spaceのロケットは、同社の持つ世界最大の金属3Dプリンター「Stargate」を使い、60日で製造することができるという。また、Relativity Spaceは、構造体ばかりでなくエンジンも3Dプリントするので、タッチポイントやリードタイムが大幅に少なくなり、サプライチェーンがシンプルになり、全体的な信頼性が向上するとしている。更に、Terran Rの場合はエンジンやペイロードフェアリングを含め完全に再利用可能だという。

Terran 1は2021年秋に、Terran Rは2024年にフロリダ州ケープカナベラルから打ち上げられる予定だ。Relativity Spaceは、政府と民間を併せて9件の打ち上げ契約を確保しているとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る