新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ

Arduinoは2021年8月12日、Arduinoボード「Portenta」シリーズ向けに、Seggerのデバッギングソリューションの実装を進めていると発表した。

photo

Seggerの「J-Link」は、組み込み開発で人気のデバッギングソリューション。RAMの最大ダウンロード速度3MB/sの高速フラッシュローダー、フラッシュメモリのデバッギングでも無制限にブレークポイントを設定可能など使いやすさが特徴だ。シンプルな8051コアから最新のCortex-M、Cortex-A(32/64ビット)まで広範なCPUやアーキテクチャをサポートし、メジャーな組み込み開発向けIDEで利用できる。

photo

発表によると、ArduinoはSeggerと提携し、Arduino IDE 2.0へのSeggerデバッガーソリューションの実装を進めている。Portenta BreakoutとMKR boardsの新たなチュートリアルを公開しており、J-Linkデバイスの接続方法、グラフィカルデバッガー「Ozone」やパフォーマンスアナライザーの使い方など、Arduinoスケッチのデバッギング方法について確認できる。

現時点で、「J-LINK BASE COMPACT」「J-LINK PLUS COMPACT」「J-LINK EDU」「J-LINK EDU MINI」の4つのモデルをArduino Storeで販売している。J-LinkデバイスとPortentaボードとの接続には、Seggerのアダプター「50-Mil 10-Pin Patch Adapter」か「J-Link 19-pin Cortex-M Adapter」が必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る