新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オランダのエンジニアが沼から回収したメタンで走るオートバイを開発

Gijs Schalkx/YouTube

オランダのエンジニアであるGijs Schalkx氏は、沼から採取したメタンで走るモペッド(ペダル付オートバイ)「Slootmotor」を開発した。

Slootmotorは、特別な技術や装置を必要とせず、最小限の道具とDIYを利用して近所の沼や道端の側溝から直接回収したメタンを燃料として動くという。「Sloot」とはオランダ語で「側溝、溝渠」のことだ。今回の試みは「化石燃料の使われない未来で燃焼エンジンを存続させるための探求」だとしている。

モペッドのエアボックスには穴が開けられ、メタンを充填した荷台のバルーンとつながっている。仕様によると49㏄の4ストロークエンジンを搭載し、パワーは1.75馬力。故障した時のために修理用工具も積んでいる。

沼からメタンを回収する装置「Plompstation」も手作りで、大型車のタイヤチューブやPVC管などを組み合わせ、集まったメタンは圧力ポンプでバルーンに送り込む。オランダには、あちこちに沼があるので、燃料の補給場所に困ることはなさそうだ。ただし十分なメタンを集めるには8時間を要し、時には沼に入って底を撹拌する必要もあるようだ。

最高速度は時速43kmだが、速度を重視すると必要な燃料が増えるため、製作者は「これで十分だ」としている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  5. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  6. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る