新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Bfull、試作および量産受託サービス「Bfullエンジニアリングサービス」を開始

造形物の例

Bfullが、同社のホビーやフィギュア製造技術を生かした試作および量産受託サービス「Bfullエンジニアリングサービス」を開始し、製造業向けに展開する。

同社は、自社の3Dプリンターを用いて、1個の試作から小ロット生産まで対応する。また小型部品から大型部品まで製作できる。対応可能な部品サイズは最大で800×800×500mmまでで、SLA光造形でABSライク樹脂を用いて出力するものとなる。ポリジェット機によるフルカラー出力も可能で、こちらは最大で490×390×200mmの造形が可能だ。

費用目安は、ABSライク樹脂による造形で、1g当たり30~100円。費用は樹脂の種類や出力形状、作業工程や2次加工の工数によって変動するとしている。納品目安は発注後3~10日。

サービス開始に伴い、品質の確認のための試作品の無料生産(1種類1個)を現在実施している。無料出力の目安サイズは、100mm角まで。

Bfullは、大型造形に対応する3Dプリンターを12台以上所有するという。これまで3Dプリンターによる40万体以上のホビーやフィギュア製造実績を持つ。今回、その製造で培った出力技術や2次加工技術、および3Dプリンター生産体制によって、サンプル生産のコストを抑え、なおかつ迅速な生産を実現するという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る