新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Bfull、試作および量産受託サービス「Bfullエンジニアリングサービス」を開始

造形物の例

Bfullが、同社のホビーやフィギュア製造技術を生かした試作および量産受託サービス「Bfullエンジニアリングサービス」を開始し、製造業向けに展開する。

同社は、自社の3Dプリンターを用いて、1個の試作から小ロット生産まで対応する。また小型部品から大型部品まで製作できる。対応可能な部品サイズは最大で800×800×500mmまでで、SLA光造形でABSライク樹脂を用いて出力するものとなる。ポリジェット機によるフルカラー出力も可能で、こちらは最大で490×390×200mmの造形が可能だ。

費用目安は、ABSライク樹脂による造形で、1g当たり30~100円。費用は樹脂の種類や出力形状、作業工程や2次加工の工数によって変動するとしている。納品目安は発注後3~10日。

サービス開始に伴い、品質の確認のための試作品の無料生産(1種類1個)を現在実施している。無料出力の目安サイズは、100mm角まで。

Bfullは、大型造形に対応する3Dプリンターを12台以上所有するという。これまで3Dプリンターによる40万体以上のホビーやフィギュア製造実績を持つ。今回、その製造で培った出力技術や2次加工技術、および3Dプリンター生産体制によって、サンプル生産のコストを抑え、なおかつ迅速な生産を実現するという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る