新しいものづくりがわかるメディア

RSS


近くが見づらいWebカメラさんに老眼鏡をかけてあげたら、いい感じ——Twitterの話題

自称“電子機器依存症”のロボ氏がTwitterで、100円ショップで購入した老眼鏡を活用して、Webカメラ「ATOM CAM 2」のピントを合わせるメガネを作成したと紹介した。

ロボ氏は3Dプリンターのリモート監視用にWebカメラを設置。ところがカメラがパンフォーカス(近景から遠景までピントが合う仕様のこと)だったために、近接のピントが合わずぼやけてしまったという。そこで老眼鏡を素材にしたネットワークカメラ用メガネのアイデアを思い付いて作成。さらに専用のメガネフレームも製作して、カメラにかけさせてみたところ、ばっちりピントが合うようになった。老眼鏡の度数は+4.0が良いということだ。

「レンズだけテープで貼り付けても良かったんですが、せっかくなのでメガネの体裁にしています」(ロボ氏)と、ちょっとした遊び心もあった。

この投稿のリプライでは、 「3Dプリンターの利点が生かせている」 「メガネをかけたカメラがかわいい」 「ニーズが多そう」 といった声が寄せられている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る