新しいものづくりがわかるメディア

RSS


近くが見づらいWebカメラさんに老眼鏡をかけてあげたら、いい感じ——Twitterの話題

自称“電子機器依存症”のロボ氏がTwitterで、100円ショップで購入した老眼鏡を活用して、Webカメラ「ATOM CAM 2」のピントを合わせるメガネを作成したと紹介した。

ロボ氏は3Dプリンターのリモート監視用にWebカメラを設置。ところがカメラがパンフォーカス(近景から遠景までピントが合う仕様のこと)だったために、近接のピントが合わずぼやけてしまったという。そこで老眼鏡を素材にしたネットワークカメラ用メガネのアイデアを思い付いて作成。さらに専用のメガネフレームも製作して、カメラにかけさせてみたところ、ばっちりピントが合うようになった。老眼鏡の度数は+4.0が良いということだ。

「レンズだけテープで貼り付けても良かったんですが、せっかくなのでメガネの体裁にしています」(ロボ氏)と、ちょっとした遊び心もあった。

この投稿のリプライでは、 「3Dプリンターの利点が生かせている」 「メガネをかけたカメラがかわいい」 「ニーズが多そう」 といった声が寄せられている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る