新しいものづくりがわかるメディア

RSS


近くが見づらいWebカメラさんに老眼鏡をかけてあげたら、いい感じ——Twitterの話題

自称“電子機器依存症”のロボ氏がTwitterで、100円ショップで購入した老眼鏡を活用して、Webカメラ「ATOM CAM 2」のピントを合わせるメガネを作成したと紹介した。

ロボ氏は3Dプリンターのリモート監視用にWebカメラを設置。ところがカメラがパンフォーカス(近景から遠景までピントが合う仕様のこと)だったために、近接のピントが合わずぼやけてしまったという。そこで老眼鏡を素材にしたネットワークカメラ用メガネのアイデアを思い付いて作成。さらに専用のメガネフレームも製作して、カメラにかけさせてみたところ、ばっちりピントが合うようになった。老眼鏡の度数は+4.0が良いということだ。

「レンズだけテープで貼り付けても良かったんですが、せっかくなのでメガネの体裁にしています」(ロボ氏)と、ちょっとした遊び心もあった。

この投稿のリプライでは、 「3Dプリンターの利点が生かせている」 「メガネをかけたカメラがかわいい」 「ニーズが多そう」 といった声が寄せられている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る