新しいものづくりがわかるメディア

RSS


工芸品からチョコレートまでさまざまな物の形取りが可能——加圧式卓上型成形機「Multiplier」

物品の形状を写し取る成形機の製造販売を行う英Maykuは、新たに卓上型の加圧式成形機「Multiplier」を発表した。

Maykuの成形機は、工芸作品、試作品、チョコレートなどの形状をポリエチレンテフタレート(PETG)などのシートに写し取る装置。出来上がった型に溶けた材料を流し込んで、物品の複製や小規模な量産をすることができる。

Maykuの従来製品「FormBox」は吸引式の成形機で、加熱したシートを形取りする物品にかぶせ、掃除機などをつないで空気を吸い出すことによってシートを対象物に密着させていた。これに対し、Multiplierではシートの加熱後に4気圧の圧力をかけて形取りを行う。どんな形状の物でも数分で形取りが可能だという。

Mayku Multiplier
Mayku Multiplier

形取りできる大きさは200×200×130mmから400×400×160mmに拡大し、形状の分解能(解像度)は10μmから0.4μmへと大幅に向上している。Maykuは、髪の毛より細いディテールも写し取れるとしている。

Multiplierの大きさ(梱包時)は710×685×625mmで、重量(梱包時)は70kg。形取りの材料はPETG、Flexシートなどで、厚さ0.5mm~8mmまで対応している。

Multiplierの希望小売価格は3499ポンド(約53万円)。2021年10月5日から割引価格で予約注文を受け付ける。先着100台は特別早期割引価格1449ポンド(約22万円)、その後の先着300台は早期割引価格1749ポンド(約26万円)、残りの400台は割引価格1999ポンド(約30万円)だ。出荷は2022年2月の予定となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る