新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インスタリムが2.4億円の資金調達、フィリピンで義足事業の全国展開

インスタリムが販売する義足:(左2本)下腿用、(右2本)大腿用

インスタリムは、インクルージョン・ジャパン、Mistletoe Japan、慶應イノベーション・イニシアティブ、三菱UFJキャピタル、ディープコアの計5社を引受先とする第三者割当増資を実施し、シリーズAラウンドとなる総額2.4億円の資金調達を完了したと発表した。

同社は、3Dプリント製の義足を開発途上国向けに提供するスタートアップだ。

2018年7月の製品化に向けた実証実験を経て、2019年6月には総額8400万円の資金調達を実施し、3Dプリント義足事業をフィリピンにて開始。2020年2月にはフル3Dプリントの義足を提供するプロジェクトをCAMPFIREで実施している。

また同社は今回の資金調達に加え、経済産業省による事業再構築補助金(卒業枠:1.0億円)や、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による課題解決型福祉用具実用化開発支援事業(0.5億円)などの各種支援にも採択されている。

今後はフィリピンでの3Dプリント義足事業について、地方都市での複数拠点化や現地製造販売体制の強化などを行い全国展開する計画だ。

並行して、より多くの層が購入できるような初期費用を抑えたサブスクリプション販売も開始する。加えて、今後はフィリピンで検証した事業モデルに基づいた、さらなる海外展開を予定している(インドを予定)。

さらに、完全非対面での義足製造販売システムにも着手する。測定から試着、製品提供までを非対面(リモート)で対応可能な装置やアプリなどの開発や実装も進める。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る