新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi財団、プログラムコンテストに向けて宇宙実験用コンピューター「Astro Pi」をアップグレード

Raspberry Pi財団は、プログラムコンテスト「European Astro Pi Challenge 2021/22」で使用する宇宙実験用コンピューター「Astro Pi」のアップグレードを公式ブログで明らかにした。

European Astro Pi Challengeは、Raspberry Pi財団と欧州宇宙機関(ESA)が共同実施する教育プログラム。ESA参加国である欧州22カ国に加え、カナダ、スロベニア、ラトビア、リトアニア、マルタの19歳以下の若者たちから国際宇宙ステーション(ISS)に設置しているAstro Piで実行するプログラムコードを募集し、実行結果を評価して表彰する。以前fabcrossで紹介した2020/21年度のプログラムコンテストでは、約1万5000人の若者から9408件の応募があったという。

Astro Pi

European Astro Pi Challenge 2021/22に向けてAstro Piはアップグレードされ、宇宙から地球をフルカラー撮影できるRaspberry Pi HQカメラに加え、従来からの「Sense HAT」にはない受動型赤外線(PIR)センサー、カラーセンサー、機械学習(ML)アクセラレーター「Coral」などが追加されている。新しいAstro Piは、2021年12月に打ち上げられるロケットに搭載され、ISSまで運ばれる予定だ。

Astro Pi with Coral

European Astro Pi Challenge 2021/22のミッションは前回と同じく、「Mission Zero」と「Mission Space Lab」の2つ。Mission Zeroの募集期間は、2021年9月13日~2022年3月18日。参加者らは、ISS内の湿度をセンサーで読み取り、その測定結果と短いメッセージをLEDスクリーンに表示するプログラムを作成して提出する。

また、Mission Zero参加者は、アップグレードされたAstro Piに付けたい名前を投票できることになっている。投票したい参加者は、作成するプログラムの中に、付けたい名前をLEDスクリーンに表示させる短いコードを入れる必要がある。候補として、Ada Lovelace氏、Alan Turing氏、Caroline Herschel氏、Marie Curie氏など、科学技術分野で偉大な功績を残した人物の名前が挙げられている。

一方、Mission Space Labの募集期間は、2021年9月13日~2021年10月29日。テーマは前回と同じで、「Life in Space」と「Life on Earth」だ。1次審査を通過すると、ISSに設置されるアップグレードされたAstro Piと同じものを含む「Astro Pi Kit」が無償で提供される。

Astro Pi Kit

1次審査を通過した参加者らは2021年11月18日~2022年2月24日にプログラムを作成して提出。完成したプログラムは評価の上、2022年4月~同年5月にISSに設置しているAstro Piへアップロードされて実行される。その後、応募者らは受け取った実行結果を分析し、2022年6月17日までにレポートを提出する。レポートは全て評価され、その中から優れたレポートを提出した10チームが表彰される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る