新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CFD、教育向けドローン「DJI RoboMaster TT」を販売開始

シー・エフ・デー販売は、DJI製の教育向けドローン「DJI RoboMaster TT」の販売を開始した。

同製品はオープンソースコントローラーが付属しており、Arduino、Micro Python、ブロックプログラミングなど多数のオフラインプログラミング方法に対応している。オープンソースの飛行ハードウェアプラットフォームにより、プログラミングやアプリケーション開発をサポートする。

RGBフルカラーLEDインジケーターを装着することで、プログラミングによってLEDの色と点滅周期を制御できる。LEDの点滅によってプログラミング結果を判定するなどのフライト演出が可能だ。

また、8×8赤色&青色LEDドットマトリックスディスプレイが付属しており、プログラミングによってさまざまなパターンやアニメーション、スクロール文字を表示できる。また、最大測定距離1.2mの赤外線距離検出センサー(ToF)と統合されており、環境認識や障害物回避に活用可能だ。

アダプター拡張ボードも用意されているのも特徴だ。2×7ピン 2.54 mmインラインパッケージインターフェースは、「I2C」「SPI」「UART」「GPIO」のプログラミングプロトコルに対応しており、5Vおよび3.3V電源を供給する。このボードにより、さまざまなセンサーを追加可能だ。

さらに、ステーションモードに対応しているため、複数の機体を同じWi-Fiルーターに接続することで、ステータスの同期や編隊飛行も可能だ。

寸法は98×92.5×41mm、重量は約87g。最大飛行距離は100m、最高速度は8m/秒で、最大飛行時間は8分(拡張アクセサリーなしの場合)、最大飛行高度は30mだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る