新しいものづくりがわかるメディア

RSS


さつまいもをAIで自動選別——ロビットのAI外観検査ソリューション「TESRAY」

ロビットのAI外観検査ソリューション「TESRAY for food & agri」が、さつまいも専門の食品会社ポテトかいつかに採用され、選別ラインで本格稼働を開始した。

photo

ポテトかいつかでは、選別工程における不良品の検出、等級分けを手作業で実施してきたために、生産量の増加に対して十分に対応しきれなかったり、従業員への作業負担が大きかったりするという問題があった。また、外観不良のチェック項目や選別先が多いために、手作業による選別品質にばらつきが生じやすいという課題もあった。

photo

今回同社が導入したロビットのAI外観検査ソリューションTESRAY for food & agriは、異常検出を高精度かつ高速に実施できるソリューションだ。インラインで全数検査できる。ロビットによると、AIから撮像、ロボティクスまでのすべての技術を自社で保有することで実現できたという。

photo

同ソリューション導入によりポテトかいつかでは、さつまいもに最適化したラインを開発し、搬送から計量、撮像、AIによる選別判定、そして選別までの工程を自動化。また、多面撮像機構によるさつまいもの全周検査や、すべての外観不良項目の検査も可能にした。

同ソリューションは2020年1月から本格稼働を開始。品質規格の自動選別による品質の安定化や、作業者の負担軽減による人材の定着化、また、不良項目のデータ蓄積などの効果が期待できるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る