新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1万円でAIカメラ——ステレオカメラと4Kカメラ搭載「OAK-D-Lite」

AIを使って空間認識ができるカメラ「OAK-D-Lite」がKickstarterに登場し、出品後わずか数分で目標額を達成する人気を集めている。

photo

OAK-D-Liteは、ステレオカメラと4Kカラーカメラ、推論チップを搭載したAIカメラ。上位モデルのAIカメラ「OAK-D」と同様に、リアルタイムのAIプロジェクトを30秒で作れる手軽さはそのままに、廉価版としてセンサー仕様などを見直すことで大きさを25%、重さを50%、価格を50%以下に抑えた。大きさは91×28×17.5mm、重さは61gだ。

photo

ステレオカメラは10mの検出範囲で30万点の深度を計測し、4Kカメラはオートフォーカス機能付きだ。価格を抑えるために、ステレオカメラは解像度を1280×800から640×480へ変更した。4Kカメラはフレームレートを60fpsから30fpsへ下げたが、1200万画素から1300万画素へアップグレードしている。

photo

ビジョンプロセッサはMyriad Xをベースにし、16個のベクトルプロセッサ、2個のAIプロセッサ、200fpsの処理が可能な深度プロセッサを搭載し、処理速度は4TOPSだ。

photo

物体検知、セマンティックセグメンテーション、姿勢/視線推定、車両や歩行者の検知、エッジ検出といった機能を使って家庭用プロジェクトから医療、農業、工業用プロジェクトまで、さまざまなアプリケーションを作れる。ソフトウェアはオープンソース化しており、ブロックプログラミングやPython、ROSにも対応。OSの種類は選ばない。

photo

Kickstarterでの価格は89ドル(約1万円)。半導体不足の影響で出荷予定が2022年4月となり、日本への送料は別途請求される。OAK-D-Liteは、2021年10月16日までクラウドファンディングを実施中。10月12日時点で、2万ドル(約220万円)の目標額を上回る約83万ドル(約9400万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る