新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1万円でAIカメラ——ステレオカメラと4Kカメラ搭載「OAK-D-Lite」

AIを使って空間認識ができるカメラ「OAK-D-Lite」がKickstarterに登場し、出品後わずか数分で目標額を達成する人気を集めている。

photo

OAK-D-Liteは、ステレオカメラと4Kカラーカメラ、推論チップを搭載したAIカメラ。上位モデルのAIカメラ「OAK-D」と同様に、リアルタイムのAIプロジェクトを30秒で作れる手軽さはそのままに、廉価版としてセンサー仕様などを見直すことで大きさを25%、重さを50%、価格を50%以下に抑えた。大きさは91×28×17.5mm、重さは61gだ。

photo

ステレオカメラは10mの検出範囲で30万点の深度を計測し、4Kカメラはオートフォーカス機能付きだ。価格を抑えるために、ステレオカメラは解像度を1280×800から640×480へ変更した。4Kカメラはフレームレートを60fpsから30fpsへ下げたが、1200万画素から1300万画素へアップグレードしている。

photo

ビジョンプロセッサはMyriad Xをベースにし、16個のベクトルプロセッサ、2個のAIプロセッサ、200fpsの処理が可能な深度プロセッサを搭載し、処理速度は4TOPSだ。

photo

物体検知、セマンティックセグメンテーション、姿勢/視線推定、車両や歩行者の検知、エッジ検出といった機能を使って家庭用プロジェクトから医療、農業、工業用プロジェクトまで、さまざまなアプリケーションを作れる。ソフトウェアはオープンソース化しており、ブロックプログラミングやPython、ROSにも対応。OSの種類は選ばない。

photo

Kickstarterでの価格は89ドル(約1万円)。半導体不足の影響で出荷予定が2022年4月となり、日本への送料は別途請求される。OAK-D-Liteは、2021年10月16日までクラウドファンディングを実施中。10月12日時点で、2万ドル(約220万円)の目標額を上回る約83万ドル(約9400万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  3. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  4. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  5. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  6. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  10. プログラミング初心者でもOK! Arduinoで多機能DJミキサーを1万円で自作する

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る