新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

Raspberry Pi財団は公式ブログで、Raspberry Pi Zeroで制御するミニマーズローバー「Zippy」について紹介した。クリエイターMellow氏によるプロジェクトで、ローバーが進化する過程をサイトで詳しく解説している。

photo

Zippyは、2021年2月18日に火星に着陸し、現在も探査を続ける火星ローバー「パーサヴィアランス」に触発されたという。当初は火星ローバーの同寸大モデルも検討したが、模型の戦車のように無限軌道で走行する小型ローバーの制作を決めた。

photo

バージョン1.0は、3Dプリントしたローバーボディーにモーターとバッテリーを搭載し、配線を差し込むと動作するだけのシンプルな構成だったが、バージョン2.0では、デジタルデザインファイルの共有サイトThingiverseからモジュラー型小型戦車のプラットフォームを採用し、バッテリーやRaspberry Pi Zero、モータードライバーを車内に固定するための部品をデザインした。さらに、Xboxコントローラーでのリモート操作機能や、スクリプトの状態を知らせるRGB LEDインジケーターを追加した。

photo

バージョン3.0ではボディーをカスタマイズし、DC12Vの高トルクウォームギアドモーター、3000mAh 11.4VのLipoバッテリー、フルブリッジモータードライバー「L298N」などを搭載。さらに、DJIのアクションカメラ「Osmo Action」を搭載し、ローバーからの映像を撮影できるようにした。コードやデザインファイルは、共有サイトに公開している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る